いつかヒトになるためのレッスン

20代ゲイです。人生いったりきたり。再開した小説はこちら→http://ayamina.hatenablog.jp

決断とは

土曜日,会社同期の結婚式の二次会に行ってきた。さすがに27歳にもなると結婚式の回数もちょこちょこと増えてきて,みんなそういう時期に差し掛かってきたのかとしみじみしている。

そんな中で,大学時代から知っていて,同じ会社に入った同期が結婚することになりそう,と帰り道に寄ったバーで話してくれた。

仕事が好きで,ほぼ女の人の影もなく(だからといってホモというわけではない),きっとしばらく結婚しないんだろうなあ,と思っていたので,ちょっとびっくりしてしまった。

付き合って一年もしないうちにプロポーズしたと聞いて,人生を左右する決断ってそんな短期間でできてしまうもんだなあ,となんだか感心したというか,拍子抜けしたというか,よくわからない気持ちになった。

 

実際は自分だって人生に大きく影響する選択なんて結構しているはずで,そんなに特別扱いするようなもんでもないと思うのだけれど,周りのノンケには「結婚」とか「家族」とかわかりやすいターニングポイントがあるせいか,なんだかすげえなあ,と圧倒されてしまうときがあるのだ。

それと同時に,そういうわかりやすいゴールがあることが,ちょっとうらやましくもあったりする。

最近,そういう人生の選択について考えてしまうことが多くなってきて,ああ,自分もけっこうおっさんに近づいてきているんだろうか,なんて思ったりもする。

 

自分がどうしたらいいのか,どういう道を進んだらいいのか,なんでもできる人になればいいのか偏った人になればいいのか,行ったり来たりしているうちに周りの人はどんどん決断をしていって,自分だけが置いてけぼりにされてしまうような気持ちになってしまったりもする。

それだけ,自分が内心焦っていて,悩み続けるくらい自分のことをまじめに考えるようになってきたのかも,と考えると,ちょっと進歩してきているような気もする。

いっぱい悩んで,考えて,あとは行動していくだけ。あんまり頭抱えすぎていてもしょうがないし。

さ,月曜だ。