読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつかヒトになるためのレッスン

20代ゲイです。人生いったりきたり。再開した小説はこちら→http://ayamina.hatenablog.jp

何に比重を置いて生きるのか―仕事か,プライベートか

日記

「仕事もプライベートも超充実!!今日はみんな頑張ってることが分かってよかった☆また明日からがんばる!!みんなに感謝\(^o^)/ありがとう〜!!」

 

というようなツイートを見ると反吐が出るわたしです。

 

と,いうのは置いておいて,仕事もプライベートも同じくらい頑張ってる人って,たまーに本当に見かけます。ホモって結構仕事っぷりが優秀な人が多い気がして(個人的なイメージですが),そういう人はまあ夜の世界でも割と最前線で活躍されたりしていて,文字通りスーパーマンだなあ,と感心させられることがあります。

 

ちょっとそういうのにあこがれていたりして,仕事もプライベートもガッツリ心ゆくまでやってみよう,としているのですが,自分の場合はどうもうまくいかない。仕事が楽しい時はプライベートがダメダメだし,プライベートが上手くいったと思ったら仕事が崩れ出したりして,すべてがうまくいっている,というように感じることはありませんでした。もっと体力があったり気力が残っていればどちらも何とかなったのかもしれないけれど,そんなに無尽蔵にエネルギーを取り出せるようなタンクはあいにく持ち合わせていません。

 

いくら楽しいことが目の前に並んでいてこれ以上ないほど人生が楽しくても,全力で取り組み続けているとやはり疲れます。

自分がつぎ込めるエネルギーの総量がいきなり2倍とか3倍に増えるわけではありません。一度に全力で取り組める物事の数や大きさには限りがあるのだと思うのです。

ましてや疲れるようなことや邪魔が入るとなおさら消耗する。そのままではガス欠で倒れてしまう…となると,もはやどれを切り捨ててどれを守るかという話になってきます。その結果,どこかでバランスを取る形で何かしらが不十分になってしまう。

 

できれば自分の裁量で人生のうち任意のどこか(仕事でも,プライベートでも)をすっこ抜いてバランスを取れるようになりたいものです。全部が完璧,はきっとないから,やりたいことをやりたいときに全力投球でやれるように,そしてそれ以外の部分ではできるだけかかるストレスが少なくなるように生きていきたいなあ…と,最近は思って過ごしています。

 

今日はじゅうぶんがんばりました。明日はもうすこし,うまくいきますように。