読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつかヒトになるためのレッスン

20代ゲイです。人生いったりきたり。再開した小説はこちら→http://ayamina.hatenablog.jp

映画

「世界から猫が消えたなら」―思い出を紐付け続けること

生きる,ということは,問いを立て続け,それに答えを紐付け続けていくことだと思う。 なぜわたしは生きるのか。なんのために生きるのか。何がないと生きられないのか。 人はそれぞれ,自分に対して常に問いを課しながら,答えを探し求めて彷徨う。 そのなか…

「ちはやふる 下の句」ー 何のために、を考えること

ちはやふる下の句公開時に続編制作発表と、興行的にも大成功を収めている映画「ちはやふる」。 GW中に2回観に行きました。例に漏れずとてもよかった。 上の句の時は原作を何も読まず、アニメも見ずに行っていたのですが、今回は1回目を観終わった段階でアニ…

映画「ちはやふる 上の句」 ー 知ることが、人生を鮮やかにする

原作もアニメも全く見てないんですが、映画「ちはやふる 上の句」を観てきました。 二度。 一度だけでは足りなかった。 「ちはやふる -上の句・下の句-」予告 (以下、ネタバレ含むためご注意) 「ことば」と「おと」を大事にしている映画だ、と思った。 「ち…

映画「セーラー服と機関銃―卒業―」―見入ること,入り込むこと

今日は橋本環奈主演「セーラー服と機関銃」を観てきたんだけど、元祖・薬師丸版が「何も知らない新人女優・薬師丸ひろ子の戸惑いをヤクザの組長になった女子高生と重ねる」ことで成功していたのに対し、橋本環奈さんがあまりにも優秀でなんでも出来てしまう…

「心が叫びたがってるんだ。」観ました

今日は,公開されたばかりの「心が叫びたがってるんだ。」を観てきました。 最近映画でもアニメでも見るとすぐに涙がびっしゃびしゃに出てしまうんだけど何なのかな。病んでんのかも。 *ほんの少しネタバレあるかもなので,観てない方はご注意を。 「あの花…